Ph.D.

Thanksgiving & Black Friday!

先ほど、Nikki の別荘から帰って来ました!

Nikki に聞いた素晴らしい話があるのでそれを書きます!


まず、Irvine に関して!

ここ Irvine は、僕の予想を遥かに超えて wealthy のようです。

ここから5キロぐらいのところに Laguna Beach があるんだけど、そこに住む人達は Nick によると “the richest people living in US” らしい!!!

Grandchildren も使い切れないぐらいの、べらぼうなお金持ちの住むところなのだ!

ぼくはこっちに来てから、誇張でも何でもなく、日本の方が優れているものは何一つ見つからない、と感じていたけれど、ここがそこまでの場所であるならそれも確かにそのはずだ。

(ただしこの見方は international students の中ではかなり珍しく、皆 food などで結構文句を言っている。)


さて、で、これは Nikki に聞いたのだけど、Ph.D. の学生は private tutor として働くことができるそうだ。

そして、その時給が破格なのだ!だってここは信じられないほどのお金持ちが沢山住むところなのだから!

Master を持っているなら50ドルなどというのは当たり前で、80ドルとかそれ以上なんていうこともあるらしい。


ということで、もうお金の心配など皆無になった。チーズも牛乳も、全て買いたい物を買います!

The University of Tokyo はここアメリカでも非常に高く評価されていて、先生は当然のこと学生も皆そのレベルの高さを知っているから、非常に条件の良い仕事が見つかる可能性も高い!


で、もう一つ!

UCI の Mathematics department の Mathematical Physics のグループは僕が想像していたより遥かに prestigious で、先生の一人はこの分野の Vice chair らしい!

そして Nick によると、この先生は demanding だけれどもとても fair で、彼は “you cannot find a better professor in U.S.” とまで言っていた。

もう一人の先生も前は数学科の chair で、Mathematical Physics の分野でも very highly regarded らしい!


Ph.D. では、大学自体のランクよりどの先生のもとで研究したかが遥かに大事だ。

超一流校では、学生はほっとかれてしまうようなこともあるようだけれど UCI ではそんなことはないし、そしてこの分野ならここは超一流なわけだから、結局「超一流校に受かる程僕の application が強くなかった」ことすら、結果としてプラスに働いたのだ!


ので、本当に全て、信じられないほど運が良かった!

僕は日本の大学院では本当に散々な目に遭ったけれど、それがここ UCI で一億倍の幸運になって帰ってきた!


もちろん、だからといって僕の成功が保証されているわけでは全くないけれど、でも、これ以上望むべくもないほどの最高の環境がここにはあるのだ。


そういうことだから、これで僕が成功しなかったら、それはもう僕が話にならないぐらい馬鹿だということだ。

(つまり少しプレッシャーだ!笑)


では今日はこの辺で!

Thanksgiving の料理。Nikki の別荘にて。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です