Ph.D.

日々のつれづれ

さて、しばらく放っておいたので、また何か思いつくままにづらづらと書きます。

いつの間にか、もう Qual から2ヶ月が経ちました!


夏休みが始まって初めの1ヶ月とちょっとは、調子が掴めなくって時間を持て余してどーも落ち込み気味だったけれど、ようやくまあまあ慣れてきました。


先生の論文も、まだ全然理解出来ないとは言え、それでも、「まあこんなことを言いたいんだろう」ぐらいには分かってきたので、読むのも特に苦痛でもなくなってきました。


最近は、5時過ぎぐらいにジャグリングに出かけて、そのあとは歩いてジムまで行ってプールで泳ぐ、というのが日課になったので、生活のリズムもそこまで悪くなくなりました!(笑)


ジャグリングは、最近は毎日やっているのでそれなりに上手くなってきて、運が良いと7ボールが11トスぐらい出来るときもごくごく稀にあるし、5ボール3アップピルエットとかも、それなりに決まるようになってきました。

・・・が、髪がまたかなり伸びてきてしまったので、ピルエットすると前髪が目にかかってヤなんですね!

また近いうちに Tustin まで自転車で1時間半かけて髪を切りに行って来ます!


・・・あ、そういえば、自転車は盗難にあったので(数ヶ月間鍵を一切使っていなかったから当然とも言える)、新しいカッチョいいやつを買いました。

かなり高かったので、今度は真面目に鍵を使います!


・・・さて、話は変わって TA の方はというと、うーん、生徒諸君の反応がこんなにニブいのは初めてです!

英語は相当に上達したから、ゆっくりはっきり話すことを心がけている分、英語だけ切り取っても native と互角近くに渡り合える自信があるし(僕もそうでしたが native は講義のときに速く話し過ぎなんです)、教え方も板書も僕の右に出る instructor はそうはいないだろうという自負もあるのだけれど、うーん、半年以上 TA をやってきて、初めて講義が楽しみではなくなってきました(苦笑)


まあ、別に苦痛になっているわけではないし、多分反応がニブいだけで悪く思われているわけではないとは思うのだけれど、でも、もうこの session はさっさと終わってくれていいやー、なんて思っています!


・・・そう、英語ですが、本当に面白いもので、例えば映画なんかはまっっったく分からないし、日常会話も完全に流暢というわけではなく結構詰まったりもするのだけれど、講義だけは、こっちに5年以上いる international の学生より、比べ物にならないぐらい遥かに上手く話せるんです。

日本での塾講師としての5年間の経験がここまでダイレクトに生きてくるとは、あの頃は想像だにしなかったのですね!


あとはー、そうですね、今日は18日で日本は8月19日だから、実は昔の彼女の誕生日です。

付き合っていた頃の僕は日本の修士にいて、あれは人生で二番目に辛い暗黒期だったから、今日は色々と当時のことを思い出してちょっとだけ涙腺が緩くなりました。


・・・本当に、三年間でここまで変わるとは、人生というのは面白いです!


あのときは「この壁だけはもう絶対に超えられない」と思ったし、「自分は所詮この程度の器だったのか」と絶望したけれど、まさかこうなるとはなあ・・・!!!


26と言えば、人生というスパンで見ればまだまだ若い部類に入るはずなんだけれど、でも正直、なんというかもう、今までの人生色々ありすぎて4、50年ぐらい生きているような気がします!(笑)


・・・さて、またセンチメンタルになって色々と馬鹿みたいなことを書きましたが、今日はこの辺で失礼します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です