Ph.D.

Chicago airport にいます。

さて、3日間の conference も終わり、今は Chicago airport にいます。


で、今は夜の10時過ぎなんですが、あと10時間ぐらいここで時間をつぶさないといけません。

どういうことかというと、ここは中継地点なんですが、ここに来るときに飛行機が遅れたから次の飛行機に間に合わなくなって、まあつまりはそういうことです。

しかも天候が原因だからということでホテルはおろか free の Wi-Fi すら提供してくれず、今はちょっとご機嫌ナナメです。。


今回の conference は本来は5日間で、でも流石に TA の仕事があるから月曜から金曜まで全部参加するわけにはいかない、ということで、仕事は一日だけ他の人に任せてキツキツのスケジュールで火曜から木曜まで参加したというのに、明日の discussion にはもう絶対に間に合わないからまた誰かに頼まなくてはいけません。


こんなことなら、初めから金曜までいれば良かったです。それなら今日はパーティーにだって参加出来たし、もちろん空港で夜を明かす必要もなかったし、そしてフランスからの professor とももう少し話せたかも知れなかったのに。


・・・まあとは言っても、これはもちろん完全なる結果論で、そんなことを言い出したら人生キリがないので(株も結婚も就職も全部一緒ですね!)、別に言うほどムカついているわけでもないです。

器の大きな男なら、こんなことは笑い飛ばせなくては駄目ですよね! ^^


・・・で、conference はというと、実は僕の発表した paper の著者の一人が参加していて(!)、つまり僕はその人がいるなんてこともつゆ知らずその人に向かってその人の書いた paper の内容を話していたんですね!


もう少し上手く出来たかな、と思うところもありますが、3週間しか準備期間がなかったことを考えるとまあ十分良い出来だったと思います。Organizer も喜んでくれたみたいだし。

(こういうスタイルはアメリカでは非常にレアなので彼も随分不安だったみたいです。)


で、その paper の著者はフランスの professor で(!)、今は(数学とは関係のない完全に個人的な理由で)フランスのポジションにとっても興味のある僕は、昨日今日と彼につきまとって、自分の研究とあと3ヶ月でポスドクのポジションに apply するということを話して

「先生の研究は非常に興味深かったから何か面白い問題はないですか」

みたいにしてプロジェクトを一つ貰ってきました!^^


この前イタリアに行ったときも、同じようにして(別の professor から)プロジェクトを一つ強奪してきたので、そんなにたくさん一度に新しいことはやれないし、何を優先的にやるかちょっと考えないといけません。


まあ、これに関しては帰ってから advisor と相談ですね。僕も今手持ちの(比較的軽そうな)プロジェクトを一つ抱えているし。


・・・さて、では今日はこの辺で失礼します。どっかに横になれるところあるかなあー?


ではではー☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です