人生

出発前日

さて、なんだかんだで、もう明日の夜には日本を発ちます。

こっちに帰ってきた当初は、我が家周辺の汚さ(というか緑のなさ)や道路の狭さや家々の小ささや空気の悪さやあとはもちろん寒さや、そういったものに多少(?)逆カルチャーショックを受けましたが、もう全部数日で完全に慣れてしまいました(笑)


流石は home country、順応するのは早かったです。


日本語も、最初は新聞がとても読みづらかったですが、やはり native tongue は英語なんかとは比べものにもならないほど強いので(当たり前ですが)、これもすぐ慣れました。


向こうは、環境も素晴らしく特にホームシックにもならなかったので、もうずっとアメリカにいようかなあ、なんて思っていましたが、帰って来てみるとやはり生まれ育った home country もこれはこれで良いものですね。

思い出もあれば、親類や知り合いも全部こっちにいるわけですしね。


そう、環境だけで言ったら Irvine に敵う都市など世界にもそうないはずなのだけれど、人間の幸せというものは、そんなもので買えるほど単純ではなくって、結局はやっぱり生きがいと愛がなくては駄目なんだなあと、つくづく思います。

(ここで言う愛は、男女の愛というよりかは、もっとずっと広い意味で使っています。)


・・・ということで、また ambivalent です。


将来日本に帰ってくるのかそれともアメリカに残るのか、とか、結婚もするのかしないのかとか、まだまだ人生には結構難しい選択があるんですよね。


まあ、まだこれらは先の話であって、あと5年10年の間は、ひたすら Mathematics, Mathematics, Mathematics, … なのでしょうが。


・・・さて、訳の分からないことをずらずらと書きましたが、今日はこの辺で!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です