ポスドク

Italy に行ってきます。

さて、今は夜中の1時半で、Ben Gurion airport にいます。今回は、電車ではなくバスを使いました。乗り換えが一回で、10シェケル弱でした。


Ph.D. の頃は、こうやって空港でしばらく時間を潰さなければいけないときなどは、ちょっとオサレなカフェでビールを飲んだり何か食べたりしていたんですが、今はもうあの頃より遥かに自由に使えるお金がないので、だからもうそんな贅沢は出来ないです(笑)

(こっちに来た頃は下手をすれば赤字になるかと思ったんですが、今はもう生活保護受給者なんかよりよっぽど質素な暮らしをしていて、必要最小限しかものを買っていないので少しは黒字です。)


そんなことなので、夜は代わりに、ショッピングモールのすぐそばのお店でファラフェルを買いました。こっちに来てからそろそろ一年になるというのに、食べたのはこれが初めてです。たったの19シェケルでした。おいしかったです。


店員の人がとっても感じが良くってしかも日本語が結構出来て、思わず Irvine を思い出しましたね。

(Irvine だと日本語をかなりのレベルで操れる人が信じられないぐらい多いんですが、こっちではもちろんそんなことはなくこれでようやく2人目です。)

University Town Center には restaurant がたくさんあって、食事は安くてヘルシーで美味しかったし、店員の人も皆 friendly で本当に感じが良かったんですよね。


よく、留学のメリットとして、日本にいるときには気がつかなかった日本の良さが分かる、みたいなことが言われますよね。また悪口になって恐縮ですけれど(笑)、今になって本当に、如何にアメリカ(の Irvine のような場所)の culture が自分に合っていたのかがよく分かります。


そして、日本も案外そこまで悪くないのかも、とも思うようになりました。Irvine にいるときには全くそうは思えなかったので、 だからそういう意味でも、ここに来てみて本当に良かったですね。嫌味でもなんでもなく。


あとは、ここを去るときに、また涙が止まらないぐらい悲しく思うことが出来たなら、そしたら大成功ですね!だって、いくら不愉快な場所だと言っても、良い人もたくさんいるしもちろん仲良くなった人もいるわけで、二年間も住んで全く悲しく思えないなんて、そんなのはいくらなんでも悲しすぎるではないですか ^^


・・・さて、ではこの辺で失礼します。今回は Florence に飛んで(朝の8時過ぎに着きます)そこから電車を使います。向こうに着いたらまた何か書きます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です