人生

EMPEROR

こっちでは、日本のニュースも見ないしもちろん新聞も読んでいないのでよく分からないんですが、でも多分、今の日本の世の中の話題は

フィギュアスケート:7.5、その他の五輪スポーツ:1、将棋:1、それ以外:0.5

といった感じでしょうか。どれほどの盛り上がりかは分からないですが、まあでもものすごいんでしょうね。。


・・・しかし本当に、何故同じ人間にあんなのがいるのでしょうね?


「生まれつきどうしようもない才能の差というものはあるものだ」

という仙水忍の台詞がありますけれど、まさにそういう感じですね。才能、というよりは、スター性、カリスマ性と言った方が正しいのでしょうが。


・・・まあとにかく、つくづく自分の矮小さ加減を思い知らされるようですが、でもだからと言ってそれが自分が歩みを止めて良い理由にはならないし、それに僕は、凡才には凡才の生き方、輝き方があると信じているので(だってそうでなくてはいくらなんでも人生つまらないではないですか、生まれた時点ですでに勝敗が決しているなんて!)、だから結論はいつもと同じですね、前を向け、です!


・・・さて、ところで、話は全く変わりますけれど、先週は金、土とどっかの砂漠に行ってきました。車で2、3時間のところでした。

まあ、そうですね、難民キャンプとか、そういう暮らしが好きな人は、行ってみたら楽しめるんじゃないでしょうか?

一応、この国にはあと1年半いるんですが、でもなんだかもう今回ので十分な気がしてきました(笑)


死海ぐらいは行く、とか前に言いましたけれど、結局それすら行かないで終わりそうな気がします(笑)


実際、何度も書きましたけれど、僕の場合、こういうのって、

「やっぱり自分はこういうのは向いていなくって、だから自分は本当に数学に向いているんだな」

と確認するために行くようなものなのですが、でも数学において confidence を少々失っている今のような時には、そのメリットすらないんですよね!


まあとは言っても、心配は不要です、もがいていれば必ず道は開けるものだし、というか実際ようやく光明が見え始めてきたところだし、僕は大丈夫です。


・・・さて、では今日はもうこの辺で失礼します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です