ポスドク

1ヶ月が経ちました。


さて、こっちに来てから1ヶ月(と数日)が経ちました。

そう、まだたったの1ヶ月なんです!もう、日本を発ったのは随分と昔のことのような気がするのですが。

こっちでの生活はというと、もう完全に落ち着きました。やらなくてはいけないことは全て終わり、あとは数学で結果を出すだけ、です。まあ、その「だけ」が一番大変なのですが(笑)


寒さはというと、前回も書きましたが、全く大したことないです!ここ一週間ほどは最低気温もせいぜい−5度程度なので、ヒートテックの下着すら使っていないです。仙台にいたときと同じ格好で過ごせます。

天気の方はというと、これも本当に肩透かしでしたね。ビタミン D が欠乏するレベルで太陽が拝めない、なんて話も聞いていましたが、実際は全くそんなことはないです。

たしかに曇りの日は多いですが、鬱になったりとか、ましてやくる病になったりするレベルだとはどうしても思えないです。一週間に1日か2日ぐらいは綺麗な青空も見えます。

逆に、これぐらいの方が、晴れの日を appreciate することが出来るので良いぐらいじゃないでしょうか?

光老化も気にしなくていいですしね!Irvine の様に常に雲ひとつない快晴、というのもそれはそれでつまらないです。


・・・とまあ、天候の方はそんな感じなので、ここずっと自転車を利用しています。歩行者もほとんどいないので非常に快適です。

食事は、というと、もう2週間ほどでしょうか、1日7ドルで済んでいます。

Brody Square は非常に comfortable でメニューも本当になんでもあるので、MSU にいる間はもうここだけで十分ですね。Teaching がある日は18時ぐらいまで何も食べないですが、それで特に問題もないです。(つくづくお金が貯まるわけです!笑)


・・・さて、その teaching の方はというと、初めはシステムを理解するのに無限の時間がかかりましたが(”the syllabus contains infinite amount of information” と coordinator にメールでびみょーに文句を言いました笑)、慣れてしまえばなんてことはないです。

教えているのは Survey of Calculus と Calculus2の2つで、前者は月、水に80分ずつ、後者は火曜に50分です。

Survey of Calculus の方は、日本の偏差値60の高校の2年生が楽に 4.0(成績の max)を取れる程度の内容です。放物線の接線を求めたりとか回転体の体積を求めたりとか、だいたいそんな感じです。

実は、学生が本当に出来ないからこのクラスは特に教えるのが苦痛だ、みたいなことをこっちに来てから何人にも言われましたが(Survey of Calculus は最も基礎のクラスで文系の学生も多い)、僕はというと楽しくやってます。学生のレベルに関わらず、こうして teaching という形で人と関わるのは好きです。

Ph.D. の学生でも postdoc でも teaching は burden だと文句を言う人は本当に多いんですが(MSU に限らずどこでも)、僕はこれの何が大変なのか全く分からないです。準備の方も1、2時間もあれば十分だし、たまの採点も1時間もかからないし。


・・・さて、まだまだ teaching に関しては色々と書きたいこともあるのですが、まあそれはまた今度書くことにしまして、話題を変えて最後に英語について。

もう何年も前から自分はほぼ完璧と言って良いレベルで英語を操れる、と思っていたので、こっちに来たときに心底驚いたんですが。


全然英語が聞き取れないです!


自分が全く familiar でない話だと、皆が何を言っているのか全く分からないです!


・・・これ、つまりはどういうことかというと、Irvine にいたときには

「英語で一切の不自由を感じていなかったから、英語が(native speaker と比較すれば)全く出来ないという事実に気がつかなかった」

ということなんですね!

で、日本に久しぶりに長期間戻って日本語での暮らしに慣れたせいで、こっちに来たときに自分の英語の出来なささに(初めて)気がついた、わけなんですね。


つまり、結局 foreign language なんてものは

「自分が何ひとつ不自由を感じなければ、たとえ実際の実力は完璧には程遠かったとしても、それは完璧に操れているのと同じ」

なんです!

僕のように Irvine の2年目ぐらいから native speaker になったつもりのような人もいれば、今の僕と同格(かそれ以上の)レベルの英語力を持っていても、まだまだ自分の英語に自信がない人もいる、ということです。

全ては気持ちの持ちよう、ということですね。面白いですね ^^


・・・さて、では今日はもうこれで失礼します!

Main Library です。なかなか comfortable です。

Wells Hall です。Math Department はここにあります。

ヘルメット、ライトなど全て込みで300ドルと少しでした。こっちの自転車のタイヤは大分太めです。

アパートの自室です。

こっちはバスルームです。

ではではー☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です