人生

7年の軌跡

さて、今日は朝からずっとブログの記事の引越しをしています。

(と言っても全てではなく「流石にいくらなんでもこれは下らなすぎる」と思う記事はやめます。そういうのは記録として手元に残しておくにとどめます。)

これ、本当にすさまじく時間がかかります!

読みづらいところも多いので、元の文章が変わり過ぎない程度に、改行したり表現を改めたりしてます。


・・・そう、読み返してみて思ったんですが、本当に文章力が格段に上がりました!

「ブログの」書き方が上手くなるのは当然ですが、そういうことではなく、「文章を書く力」が遥かに上がりました!

まあ、気合を入れて書いた記事には2時間とか普通にかかっていたし、ということは700超の記事を書くのに優に1000時間はかかっていたはずだから、だからそれも当然と言えば当然ですね。


で、もう一つ思ったことですが。

いや、本当に、つくづくあの5年間は黄金時代だったんですね!!!

今は UC Irvine に着いた頃のところの記事の引越しをやっていますが、もうね、その若さと馬鹿さと溢れ出るエネルギーに圧倒されるようです!


前に、UC Irvine での初めの一年は

「頭の中が常に大量の脳内麻薬で満ちているようだった」

と書きましたけれど、本当にそんな感じですね!


もう数え切れないぐらい書きましたけれど、まだ齢30と少しにして「たとえ今死ぬとしてももう何一つ思い残すことはない」と言い切れる理由が良くわかります。


本当に、我ながら、見事な人生だったなあー。


とは言っても、もちろん、まだまだ先はあるので、これからも全力で頑張りますけれど!

前も書いたように、凡才のピークは20代では駄目なのだから!



・・・さて、では今日はもうこれで失礼します。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です