日記

京都にいます。(その2)

さて、今は金曜の夜です。

浴場の脱衣所にある休憩スペースでバスローブを羽織ってこれを書いてます。


そう、このホテル、英語が面白いです!!!(笑)

部屋にあったのも面白かったですけれど、この脱衣所のはもっと面白いです!^^

ロッカーに NOTICE が貼られていて、写真は撮るすべがないので面白すぎるところだけ抜き出します:

Hot springs in Japan are enjoyed naked. Swimming suits are not allowed in most places. It is the custom to bring a small towel into the bathing area, with which you can enhance your privacy while outside of the water. Once you enter the bath, keep the towel out of the water.

Note that the bath water can be very hot. If it feels too hot, try to enter very slowly and move as little as possible.


7年前は僕もこんな感じの英語を書いていたのでしょうね。

(実は少し前に当時書いたメールを見て唖然としました!笑)


・・・さて、まあそんなことはどうでも良いとして、今日は京都の街を散策してきました!

(7時間は歩いたので流石にちょっとだけ疲れました。)

この街、18年前に来たときには全く良いと思わなかったですが、今こうして来てみるととっても良いですね、非常に魅力的です!

外国人もたくさんいました。英語と中国語と韓国語とそれ以外がそこかしこから聞こえました。

日本人観光客も多かったですね!(当たり前ですが。)

女の子2人のペアをたくさん見かけました!

(この組み合わせ、海外ではあまり見ない気がします。)


・・・そう、ところで、イスラエルに行ったことで初めて気がつきましたが、cultural differences というのは本当にあるのですね!それも凄まじいレベルで!

Japanese, American, Israeli, それぞれ behaviour が全く違うんですね!!!

アメリカ(というか Irvine)はあまりにも自分に合いすぎていたので、Ph.D. にいたときには気が付かなかったです!!!

(実際、「同じ人間である以上ほとんど違いなんてない、appearance 以外に些かの違いも見出すことは出来ない」と書いたことがありました。あのときは本当にそう思っていました。)


Japanese は本当に quite です。

あまりにも静かすぎて、それが故に街全体からなんとなく物悲しさが感じられます。

(ちなみにださいたまのような場所では惨めさまで感じられます。。)


確かにこれじゃあこの国では僕の personality は異色中の異色(中の異色中の異色中の異色中の異色中の異色)ですね、本当に初めて気がつきました!


・・・さて、ところで、明日明後日も京都の街を探索に行くことになりました!

(先生が旅行でお留守なので。)

まだまだ廻るところはたくさーんあるので、折角なので色々と観光してきます ^^



・・・ではでは、今日はもうこの辺で失礼します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です