Ph.D.

IUPUI に行ってきます。

さて、いつの間にやらもう11月で、あと5週間と少しすれば一時帰国です。


で、タイトルの通りなんですが、IUPUI にまた行ってきます。今は LAX airport にいます。

先週あたりは、もうやることが山積していて本当にこなせるのかどうかかなり不安でしたが、どうやらなんとか乗り切ったようです。

Postdoc の application も、もう間違いなくこの conference 中に全部終わるので、そしたら精神的にも少し余裕が出来そうですね。

(ただしアメリカとカナダ以外のいくつかのポストは application の方法が異なるのでそれはもう少しかかりますが)。


で、どこに行くことになるかは、本当に全く分かりません。日本の大学入試のように、ペーパー試験のみで決まるのであれば大体見当は付くのでしょうが、如何せん market が小さく randomness が huge なので、Annals (of Mathematics) に既に論文を出せているとかそういった truly outstanding な場合を除いては、予想することは不可能です。


まあ、どこに行くことになろうが、僕はそれで満足です。もう一年 UC Irvine に残る、という選択肢もあるにはあるのですが、advisor にも「あと一年やってもそれはあまり beneficial なものにならないだろうからもう出て行った方が良い」と言われたし、僕もそれには全く同感なので、junk みたいな position しか見つからなかった場合を除き、僕は必ず外に出て行くつもりです。


・・・さて、ではそろそろ搭乗の時間なので、もうこの辺で失礼します。


ではではー☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です