日記

若き数学者のイタリア

さて、今日は Fourth of July でつまりは独立記念日です。

去年はこの日にビーチに行きまして、少々忘れられない経験をしたのですが、今年はアメリカにはいないのでそんなことはありません。


で、今は Trieste にある ICTP という所にいるのですが、いやここは素晴らしいところですね!

信じられないぐらい美しいです!

Institution だけで比較したら UC Irvine を軽く凌ぎます。UC Irvine の周り(ビーチなど)まで含めても、ひょっとしたらこっちの方が上かも知れません。好みの問題もあるでしょうけれど。


そう、そういえば、ここ ICTP は research institution であって、つまり大学ではないんですね。Ph.D. の学生はいるみたいですがでも undergrad の学生はいません。

多分ブラジルの IMPA も同じような感じなんでしょうね。あそこも大学ではなく research institution なので。



・・・で、ここに来てみて、やっぱりアメリカに留まるよりかはもう外に出て行くべきかな、と思いました!

もうアメリカはどんな感じか分かったし、アメリカに留まった場合どうなるかはもう大体の見当が付いてしまうので、それは正直興ざめというか、ちょっとつまらないですよね。


あと一回、出来ることなら二回(かそれ以上)、新しい国に何年か住んで新しい言語を学んでみたいですね。日本語と英語(だけ)を自由に操れる人なんて、それこそ腐る程いるわけだし。


・・・そう、それと、ここイタリアは(というかヨーロッパ全体でしょうか)、アジア人が少ないです。観光客を除いては、日本人なんてほとんどいないんじゃないでしょうか。黒髪自体多くはないですし。

だから余計、ヨーロッパも面白そうだと思うんですよね。僕は「他人がやらないことをやること」を良しとする人で、つまりは minority であることが大好きなんですよね!



さて、では今日はこれで失礼します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です