数学

若き数学者のイスラエル

さて、今日から新学期が始まりました。

僕は、この quarter は PDE の授業に趣味で出ている他は何もないので(teaching duty もないです)、ただひたすら数学とヘブライ語の勉強です。


・・・そう、諸事情でご連絡が遅れましたが、しばらく前に postdoc でお邪魔する先が決まりました。イスラエルの Bar-Ilan university に2年間(と少し)行って来ます!

6月スタートなので UC Irvine にいるのもあと4ヶ月と少しです。Defense は5月にやります。


笑えますよね!^^


小学校低学年のときは2年間チリに住んで、高校は中退して、モスバーガーで働きながら大検で東大に入って、東大の大学院では数学科に行って、一旦は数学を辞めて外銀に行こうと思ったりなんかしたこともあって、それから紆余曲折を経てアメリカの Ph.D. に挑戦しに行って、そして今度はなんと postdoc でイスラエルですよ!(笑)


本当に、何をどう間違ってこんな風になってしまったんでしょうか?自分でも不思議です。



・・・さて、まあそんなことは置いておきまして、調べていた限りだと、ミサイルが毎日飛んで来たりとか、自爆テロが一分おきにどこかで起きているとか、そういうことはどうやらなさそうですね。

イスラエルは国家予算の20%ぐらいを国防費に充てていて、ミサイル迎撃も出来るみたいだし核も持っている(ことが確実視されている)から、まあどっかの国が攻めて来ることもなさそうだし、飛行機に乗るのもものすごく検査が厳しいらしいからハイジャックとかも非常に難しそうだし、だからまあ、普通に生活する分には危険は特になさそうです。


あとはー、そうですね、税金は高いらしいんですが、 postdoc はイスラエルでは student 扱いなので(!)、僕の給料には税金がかからないんです。

まあ、給料自体は日本の生活保護程度なんですが、それでも comfortable な生活を送るのに十分らしいです。


Teaching duty はなくって、だから仕事はただ research だけです。まあ僕は teaching は大好きなのでこれは正直嬉しくもないんですけれど。


・・・さて、書き漏らしたことは山のようにあるんですが、それはまた今度書くとして、今日はもうこの辺で切り上げます!


Advisor にも

「次に apply するまで2年ないのだから、relax している暇なんて全くないからね」

みたいなことを言われたことだし(笑)、向こうに行ってすぐに研究を始められるように、S 先生の paper など貪り読むとします!



ではではー☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です