Ph.D.

嵐の前の静けさ・・・!!!

さて、冬眠に入っていた大学がようやく今日目覚め、事務の方から新年最初のメールを貰いました。TA の assignment や office hour についてでした。

“Instructor” と書かれた欄に “Y. Takahashi” の名前を見つけたときは、期待と不安と興奮とで、体が震えました!!!

僕の受け持つクラスは火曜と木曜にあるので、初めての授業はもうすぐです!


さーて、どうなるのかなあ!?


・・・そう、TA の仕事はというと、まず discussion が火曜と木曜に2つずつ、一週間に50分×4あります。

Discussion は Professor の授業の補助という位置づけになっていて、問題の解説をしたり小テストをしたりします。

僕の Professor のクラスは100人を超えていたので discussion ではそれが2つに分かれ、その2つのクラスが僕の担当です。

(そのため、それぞれの日には2つのクラスで全く同じ内容を行います。)


他の仕事としては、週に2時間 office hour を持つことが義務づけられていて、この時間は必ず院生室にいなくてはいけません。

あとは Tutoring Center というのがあって、週に4時間働く義務があります。


ので、TA というのは実は相当な負担です!


準備などを全て含めて僕らの労働時間は週に20時間ということになっているけれど、初めの頃は、間違いなくこれを遥かに上回る時間を割く必要があります!

(もちろんこれは僕の場合であって、全員が全員 teaching に情熱があるわけでもないので準備時間は人によって全く違うのでしょうが。)


でも、こんなにやりがいがあって面白いことなんてそうはないわけで、全力をかけてやって、思いっ切り楽しもうと思います!


そして今学期は、先学期と違って Functional Analysis の授業も余裕というわけではなくなりそうなので、本当にこの quarter は信じられないぐらい忙しくなりそうです!


ではでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です